2019年10月23日

インクと処分と処理と

部屋とYシャツと私 みたいになりましたが。
インクの処分はネットで検索した業者さんに頼むのが一番手っ取り早いと思います。
自分で処分とか大変ですしね。
餅は餅屋ってことで。
「インク 処分」で検索してみましょう。

ものづくりが大好きな私でも苦手なことがあります。
それは木工工作です。
これはもう苦手で苦手でどうしようもないです。
小学生の頃作った植木鉢を置くための台すらまともに作れませんでした。
完成は一応したのですが、ガタガタする…。
安定しませんでした。これにはひどくガッカリしたものです。
その時にすでに私は「私に木工は向かない」と瞬時に判断したのでした(判断早すぎ

立体的にものを見る力図る力が多分少し劣っているんだと思います。
だからよく道に迷うのかもしれない?(関係ないか
ちなみに粘土工作も最悪でした。不格好な正体不明の花瓶が出来上がりました。
もう二度とやらん(拗ねてる

でも工作でも紙の工作は大好物!
今でもこれはやります!大好きで。
紙は加工しやすいから!失敗してもすぐ作り直せる!材料費安い!
これです。

子供が小さいうちはダンボールハウスを作って上げましたよ。
めちゃ喜んでましたw
他にも紙で作れるものは色々作ってみましたね。
一番使ったのは牛乳パックの空き容器です。あれは紙自体が丈夫ですし。
硬すぎず加工もしやすいのです。

牛乳パックで小物入れとかよく作りました。
最近はご無沙汰ですけどね(笑)
接着はのりではなくほぼ両面テープです。
あれが一番綺麗にできるような気がします。

あとは高校生の頃、母がビーズでアクセなどを作りはじめて、それを見て私も真似して一緒に母と作ったりしてました。
楽しかったなぁあの頃。
こう考えてみると母もクリエイティブな人だったんでしょうね。
絵は下手くそだったけど(笑)
編み物したりビーズで何か作ったり。

そんな母を私はあんまり尊敬してなかったなぁと今頃後悔してみたり。
編み物に関してはめちゃくちゃ尊敬してましたけどねw
作ってって言うとスイスイっと作ってくれたので。

なんかものづくりに関する熱意を語ってたはずなのに、母のことを思い出したらしんみりしてしまいました。
ちなみに母はまだまだ元気です(笑)
遠く離れて住んでいるのでもう何年も会ってませんが。
元気でいてくれたらそれでいいです。



ラベル:インク 処理 処分

2019年10月21日

IV線買取りの世界

IV線の買取りして欲しいお客様はいらっしゃいますか?
まるで飛行中の飛行機の中でお医者様を探してるような。
IV線は産業廃棄物を扱う業者さんが買取りしてくれるようです。
全部が全部じゃないと思うのでネットでよく調べてみて下さいね。
キーワードは「IV線 買取」です。

私はクリエイティブなことが大好きなので、昔から色々作ってました。
絵を描くのが得意なので自分のイラスト入でカレンダーを作ってみたり。
カレンダーはコピー機で作りました(笑)
売るわけでもなく同人誌即売会に行くわけでもないのに、急に作りたくなって作ったのです。
数冊作って友人に無料で配りましたw

パソコンでシール台紙に名前やキャラをデザインして、子供の持ち物に貼ったりもしました。
キャラクターも子供が大好きなキャラを私が自分で描いてそれを使いましたw

裁縫は苦手ですがリカちゃんなどの人形の洋服も作ってフリマで売ったりもしてました。
とにかく何かを作るって大好きで。
自分で作る楽しさ、ありますよね。

最近ではスマホケースの絵を自分で描きました。
流行りの宇宙柄ですね。もう流行すたれちゃったかもだけどもw
マニュキュア何色か買ってきて、それでスマホカバーケースに宇宙の柄を描いて、キラキララメを飛ばして小さな星をとばして、最後にレジンでコーティング。
なかなか出来が良くて大事に今も使ってます。

以前はスマホ用カバーも自作したりしました。
手作りって本当に楽しいですねw

作詞作曲も楽しい。自分に作曲が出来るとは思わなかったです。
でもやってみたら出来たのです。
BBAはじめて作曲する!

クリエイティブなことが大好きなので手作り作品ってとてもいいなぁって思うし大好きです。
特にバッグ類。
誰かが作ったバッグ、手作りバッグ、最高です。
なんだかその人が一生懸命手間暇かけて作ってくれたんだなぁっていう愛情が入ってるので、暖かさを感じてとても気分も良いのです。

近くにそういう人がなくて私は手作りは自分ですることになるのですが、バッグは面倒で作りません(笑)
子供が保育園で使うバッグは全部手作りしましたけどね…。

でも世の中には手作り大好きおばあちゃんとかいて、そのおばあちゃんがびっちり綺麗に刺繍したバッグとか、パッチワークした可愛い印鑑入れとか、そういうのを毎度作ってはよこしてくるけど私使わないのよねっていう人がいて。
私はそれら沢山のおばあちゃんの手作り作品に心がときめきてしまったら、様子を察していくつか譲ってくれました。
めっちゃ沢山ありましたw(全部欲しい
その方はこんなにあっても使い切れないといくつか譲ってくれたのですが、その中に美麗な刺繍のバッグがあって。

私は当時30代でしたが私が持つにはちょっとババ臭い(失礼)柄とデザインのバッグでした。
でも!私はこれが好き!嬉しい!見てこの素晴らしい刺繍!心がこもったこのバッグ!
と言わんばかりにそれをよく使ってたのですが、ある日郵便局へ行ったらとなりに座ってたおばあさんが私の刺繍バッグを見て「あら、ステキね。これはお作りになったの?」と言われたのです!
私は知り合いのおばあさんが作ったものを頂いたと説明。
すると「そう、とても素晴らしいわねこれ。大事になさってね」と笑顔で言ってくださったのです。
なんか嬉しかったです。
私が作ったものじゃないけど私が会ったことがない知人のおばあさんが褒められたんですが、それでも嬉しくて。

あの声をかけてきたおばあさんはこのバッグが手作りだとわかって声をかけてきたんだろうなと思います。
良いですよね。なんか心が通じた気がします。

今の土地に引っ越してからは主人のお義母さんがやはり親戚かどなたかが作るの好きな方がいて、色々作ったのを貰うけどあなたいる?と私に振ってくださったので秒で頷きましたよ(笑)
手作りの巾着やら小さなバッグを何点かゆずってもらいました。
あー幸せ。手作り品ってなんでこんなに温かいのでしょう。

私の母は編み物が好きでよく編み物でカーデガンとか作ってくれました。
あれも暖かくて大好きだったなぁ。
ボロボロになってもずっと気に入って着てました(笑)

んーもしかしたら、手作り品に自分の母親の愛情を感じてたのかもしれませんね(自己分析
どちらにしても手作り品は良き!です。


ラベル:買取 IV線
posted by 銀さん at 13:06| IV線 CVT線 CVO線 SV線 VA線 CV線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

電線の買取り物語

不要になった電線はありますか?
いつまでも資材倉庫に置いておいても邪魔なだけでしょうから、ここはパパッと片付けちゃいましょう!
そう簡単に言われても・・・と思うでしょうが(笑)
まずはネットで検索です。「電線 買取」で検索してみてください。
いろんな買取業者さんがヒットしますので、よく吟味して決めましょう。
あとは業者さんとよく相談してどんどん片付けてしまいましょう!

私は女ですが(BBAですが)あまりこうロマンチックな歌やことが好きではないみたいです。
夜景を見ながら食事とか、あんまり興味ないです(笑)
それはBBAだから、っていうんじゃなくて!若い頃からそうなのです。

なんで男の人はすぐ夜景や海を見せたがるのかと私は不思議で仕方ない。
男性のほうがロマンチストかなぁ?と思ったり。
それとも単に「女性は夜景が見える場所ならロマンチックな気分になるだろう」的な考えなのか。
いや、男性自身もそういう気分に浸りたいなのか。

残念ながら女性全部が夜景でうっとりするわけじゃないことも知っておくといいかもしれない。
でも、まぁ…少数派ですけどね…(敗北感
私はその少数派になります。

花束貰うより美味しいものクレって感じ(色気より食い気
でも、そんな私でも二十代の頃にイケメンからバラの花束を突然貰った時は惚れそうになりましたよ、えぇ。
単なる送別会で貰っただけですけどね(笑)

やっぱバラの花束だけはこんな色気ない私でもトキメクモノがありましたよ…。
でもその後別の男性とデートしたときに帰り際に花をもらいましたが、なんか鉢植えの花…で…
なんで鉢植え…と困惑してたら「生花が置いてる店が見つからなかった」とのこと。
本人は花束を渡すつもりでいたそうです(笑)
まぁその心意気だけはありがたくいただいておきました。

海もそうですね。
夜のデートで某男性は海に行き、ちょっと浜辺を歩こうか^^って誘い出したものの、あまりの強風と寒さですぐ車に戻ることになったり(笑)
別の男性にも夜に「海を見に行こう」って台風接近中の海の浜辺を歩かされたり(汗)
台風接近中だったので波は高いし音も怖いしで、海真っ暗で見えないしで、何見せたかったのかな?ってなりました。
てか、あぶねぇよ!

なんていうか、ロマンチックなデートで雰囲気をって考えすぎて、今の状況をちゃんと把握してない男性が多かったw
この季節のこの時間に海!?台風来てるのに海!?

多分、もう海に連れて行こうとか脳内でプランがガチガチに決まってたのでしょう。
台風来ようが強風で気温低かろうが行くって決めたらもう行くしかなかったんでしょうね。
デート慣れしてないのかもしれません。

そこで急に予定を変更しようにもどこにいったらいいかわからない、思いつかないって感じだったのかもしれません。
私が男だったら絶対もしものことを考えて複数プラン考えていくなぁ(笑)
つれていくお店の定休日もちゃんと調べるし。

昔つきあってた彼がその点ひどくて。
アクシデントも楽しいから^^とかいって、行く予定の店の定休日も何も調べないでいくのでだいたい失敗ですw
ヒドイ時はその店がもう存在してなかったこともありました。

そういうのはアクシデントって言わない(笑)
起こるべくして起こったあなたのミスによるものです。

さすがに何度か目のデートで私がプランを作るようになりました。
まぁそれはそれでいいんですけどねw自分が行きたいところ選べますし。
でも他の女性だったらそれだけで呆れてしまうかもしれないので、男性の皆さんは気をつけたほうがいいかもです。
一番いいのは二人であーだこーだ話し合ってプランを作っていくことですねー。
でもお互い忙しくて時間取れない場合は仕方ないのですが。


ラベル:電線 買取